生前整理とは。

更新日:

生前整理とは、生きているうちに死後の事を考えて身辺や財産などの整理をしていくことで

” 終活 ” のひとつです。

主に高齢のかたの方が意識するイメージですが、病気の人と関わったり親族の死を看取った後に自分の死後について

考え始めたりもします。

急な事故や入院などの時には生前整理をしておくと、いろんな物の所在がわかる状態になっているでしょうし

あなたの周りの人も困ることはないでしょう。

不要な物を整理する事で気持ちに余裕が出てきます。 断捨離とは違い捨てるのではなく、ある物を整理するのです。

写真が箱の中にバラバラに入っているのならば、データ化をしてまとめたり、何年も前の洋服は ” あと1年着なかったら捨てる ” と

決めたりするのも生前整理の一種と言えるでしょう。

生前整理は生きている間に本人がすること。

老前整理は本人の負担を軽減する為に本人と家族が一緒にすること。

遺品整理は本人が亡くなった後に残された家族が行うものです。

生前整理の中で貴重品は多ヶ所に分けて保管すると分からなくなってしまう事もありますので、まとめて保管したり、

自分の財産目録を作っておくのも良いかもしれません。

その為にエンディングノートを活用すると、そこには多くの情報が記載出来ますので万が一の時に残された家族の為に

なってくれるでしょう。

Copyright© セレモニーSAKURA , 2022 All Rights Reserved.