守り刀

更新日:

守り刀とは・・・

家族や親せきの葬儀の時などでないと見ることは少ないかもしれません。

故人の胸元や枕元に置く刃物(短刀)です。

これは亡くなった方の為に用意される葬儀用具の1つです。

魔除けであり、死後の旅に出る時の護身用でもあります。

他に脚絆・手甲などと合わせて旅支度の中のひとつです。

但し、浄土真宗では亡くなった方はすぐに成仏すると考えられていますので(往生即成仏)魔除けや護身用の守り刀などは

必要ないとされています。

胸元に置くときには刃先は足の方を向くようにして掛ふとんの上におきます。

近年では火葬場の決まりなどで金属の物だはなく、木製の物になっています。

Copyright© セレモニーSAKURA , 2022 All Rights Reserved.