葬儀の服装マナー (男性編)

更新日:

お葬式に参列する時の服装マナー男性編です。

ほとんどの場合は黒のスーツに白のワイシャツを着用していれば大丈夫です。

もちろんネクタイは黒で無地の物が良いでしょう。 ネクタイピンなどはつけません。

ベルト・靴下・靴などの小物も黒に統一しましょう。

通夜の時、仕事の都合などで着替えてから行くことが難しい時には、なるべく紺やダークグレーのスーツに白いワイシャツを仕事に

着ていけばそのまま参列することができるでしょう。

ワイシャツはボタンダウンはカジュアル感があるので出来たら避けた方が良いかもしれません。

ネクタイは仕事が終わってから黒い物に変えるようにしましょう。

男性の黒靴でよくあることですが ”お葬式の時はこの靴を履いていこう” と箱に入れたまま大切に保管していませんか?

長いこと箱に入れたままにしておくと靴底のゴムが劣化してしまいます。

式場に着いてからかかとのゴムがボロボロと崩れ落ちてしまう事が多々あります。

劣化して落ちたゴムはスタッフが拾い集めますが、その前に誰かが踏んでしまうと床にこびりついて取れない~~~!! という

事になってしまいます。

靴を大切にするのはとても良い事ですが、葬儀に参列する事がわかったら まず靴のチェックをしておいてください。

Copyright© セレモニーSAKURA , 2022 All Rights Reserved.