遺影写真

更新日:

突然のお身内のご不幸の時には、やらなければならない事が多いのですが、その中の一つに遺影写真を選ぶことがあります。

遺影写真は大きく引き伸ばしますのでピントが合っているものを選ぶようにしましょう。

そして、出来る事ならお顔が大きく写っているものがよいでしょう。

お顔の大きさが10円玉の大きさより大きいものがベストです。

故人様が生前 ” この写真で ” と希望されていたら その写真を使うのが良いと思います。

もし事前の用意が無い時は、家族が一番良いと思う写真を選びましょう。

皆さんが式場に入り、一番に目にするのは遺影写真だと思いますので、その人らしく写っているものが一番です。

笑顔・正面を向いていない・着ている洋服がイメージと違う などは葬儀社と相談してみてください。

笑顔の写真はとても良いと思います。 真正面を向いていない遺影写真も多くあります。

洋服は着せ替える事も出来ます。

昔の遺影写真は和装やスーツ姿がほとんどでしたが、今は旅行先での笑顔のスナップ写真のように いつもの姿のままを

選ぶ方が多くなりました。

勿論平服を和装やスーツに着せ替える事も出来ます。

遺族にとってこの顔が故人様だねと思うNO,1の写真を選ぶことが大切ではないかと思います。

 

Copyright© セレモニーSAKURA , 2022 All Rights Reserved.