お彼岸

投稿日:

2022年秋のお彼岸 彼岸の入りが9月20日・彼岸明け9月26日の7日間で、
秋分の日を中心とした前後3日間ずつがお彼岸となり、仏教行事です。
仏教では此岸(しがん)・彼岸(ひがん)という言葉があり、此岸はこちら岸で欲や煩悩に
まみれている世界で彼岸は向こう岸で仏の住む浄土の世界とされていて、その間にある川が
三途の川と呼ばれています。
春と秋のお彼岸の頃は昼夜の長さがほぼ同じになることから1年の中でこの世とあの世が
一番近くなるとも言われています。
お盆と何が違うの?  それは、お盆は先祖の霊を迎え入れる事で、お彼岸はこちら側から近くまで
行って先祖の供養をするという違いとなるでしょう。

彼岸に食べることが多いおはぎですが、春は”ぼたもち” 秋は”おはぎ”とよばれ、春の花牡丹と
秋の花萩に例えていて花の大きさの違いから大きな花の牡丹のぼたもちの方が大きいサイズと
なります。
また、ぼたもちはもち米・おはぎはうるち米で作られるそうです。 どちらも美味しいですよね。

Copyright© セレモニーSAKURA , 2022 All Rights Reserved.